So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

お嬢の散歩コース [その他]


お嬢生活.png

我が家のおしとやか&ミステリアス担当、リーゼロッテ。

秋の日.png


とある事件を機に、生まれ育ったお屋敷から逃げ出してきた彼女は
屋敷から遠く離れた森の奥で、年老いた魔女のクロエと一緒に暮らしています。

窮屈な生活から解放された彼女は、一人気ままに街を歩くことが大好き。
今日もまた、クロエには内緒で散歩に出たいそうなので
飼い主の私はデジカメを持って同行してみることにしました。

※BGM付、音量注意

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ナントカ宮殿より愛を込めて [その他]

アンドレイとランプ.png

「叔父が知り合い筋から仕入れてきた品物の中に、
はるか昔、東の国の王族向けに作られたというランプが混じっていた。
戦火に焼け落ちた宮殿の、いわば破片だという話なのだが……。
叔父の目に狂いはないと信じたいが、俺にはどうも
胡散臭い話に思えて仕方がない…」


アンドレイ兄さん、久々に登場するの巻。
おみくじでコツコツと貯めていたYMの使用期限が迫った先月末、
ヤミーSHOPのラインナップにピンとくるものがなかったアンドレイで
ヤミ箱をぐるぐるしてみることにしました。

アラビアンナイト箱.png

選んだのは「アラビアンナイト箱」。予算は一回分のみ、一発勝負です。

キャラに合わない帽子が増えても困るし、島に合いそうな背景も手持ちにはない。
背景以外ならランプか、まあカーテンあたりが出てくれれば当たりかな…などと
考えながら回したところ、出たのは冒頭で登場した「アラビアンランプA」でした。

当てた直後は「なんだランプか…」ぐらいの感想しか抱かなかったのですが
最近になって、せっかく手に入ったんだしじっくり見てみよう、と拡大したところ…

ランプアップ.png

これは……!?

エキゾチックな配色にフォルム、黒背景と合わせたときの柔らかくも妖しげな光、
そして何より、くすんだ金色が醸し出すこのアンティーク感!
これいいのでは!?これすごくいいいのでは!?大当たりなのでは!?

アンティークショップ.png

手持ちにある他のアンティーク系アイテムと並べてみました。

西洋風の商品が並ぶ中、アラビアンな香りを纏ったランプがぽつんとひとつ。
そういう意味では浮いているけど、(設定上)他の商品のように
職人のこだわりが詰まった上、長い年月を重ねた一品であることは変わりません。
アンドレイ(の叔父)の店の目玉商品はこれで決まりだろう…と考えたところで
冒頭のアンドレイの独り言が浮かんできたので記事にしてみました。
いそいそとディスプレイする叔父さんと、どうにも釈然としない様子のアンドレイ。
ディーラーの話は、一体どこまでが本当なのでしょうか…?

もちろん全部私が勝手につけた設定だけど、前の持ち主のこととか入荷した経緯とか
これひとつでいろいろ想像できて楽しいなあ…という感じ。
何が出るか分からない中で、これはいい買い物でした。


そして、いい買い物といえばもうひとつ。

図書館壁紙.png

図書館壁紙。
ヤミショップ最初期の商品だからか、室内系の背景としては破格の800YMです。

ずっとメルしか持っていなかったアイテムなので、次に再販したら
ぜひともアンドレイのところに…!という願いは無事聞き届けられたようです。
他にもYMに余裕のあるメンバーのところにはひとつずつ買いました。
滅多に課金しない分、この値段でこのクオリティは本当にありがたい…!

nice!(2)  コメント(2) 

転生資料室にて [その他]

クロエと資料室.png
(クリックで原寸大表示)

「クロエさん、ここは……?」
「古い知り合いの店さ。どうだいレナトロス、例の本は取り寄せてあるんだろうね」
「やれやれ…親しき仲にもなんとやら、だろ?挨拶もなしに早いことモノだけをふんだくって引き上げようなんて魂胆の奴にゃ……と、言いたいところだが、そんな奇麗なお孫さんを前にしたんじゃ、喉まで出た言葉だって引っ込んじまうってもんよ」
「冗談はよしとくれ、こいつはあたしの孫なんかじゃないよ。見た目がいいだけでろくに仕事の手伝いもできない馬なんか連れて、ある日いきなりあたしの家に転がり込んできたのさ」
「あら、クロエさんの方だって、カイの面倒を見るのは不得手なんじゃなくって?」
「まあまあお嬢さん、そうむきになるこたぁないよ。そいつは昔っから、こんなふうに口が悪いんだ」


クロエ婆ちゃん、珍しく自ら街に出るの巻。

普段なかなか足を運ぶことのないパークってありますよね。
私の場合、定期的に訪れる(…とはいってもリヴは連れず天からですが)場所といえば
ウスバを買うためのやどかり亭と、おみくじを引くための神社、そして
新入荷のアイテムをチェックするためのヤミーSHOPぐらいで、
そのほかの場所には、ふらっと立ち寄ることはあっても
目的をもってまっすぐ向かうということは、そういえば滅多にありません。

そんな中、ある日何気なく「転生資料室」の看板をクリックしてみれば
リニューアル前のヤミショップのような雰囲気の、埃っぽい部屋にたどり着きました。
あること自体は知ってたのですが、考えてみればじっくり中を見たことはないなと。
その光景をしばらくぼんやりと眺めていると、この空間には誰が似合うだろう、
そうだクロエだ、ついでにリゼも連れてこよう…といった調子でイメージが膨らみ、
冒頭の一幕が誕生したというわけです。

せっかくロケに出たんだし2人だけで喋ってるんじゃつまらないよね、ということで
管理リヴのレナトロスさんにも、クロエの古い友人役でゲスト出演してもらいました…

レナトロス.png

……が、リヴタイ67号によるとこの方、かなりのミステリアスキャラだったそうで…。
設定ガン無視でなかなかの量の台詞を喋らせちゃいました、すみません!(笑

今後ここのお世話になることがあるかどうか、それはなんとも言えませんが
雰囲気を楽しむだけならタダなので、時々訪れてみようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

君がいた夏は… [その他]



夏祭り2017ロゴ.png

どうも、待ちに待った夏祭り!というわけで浮上して参りましたぶいこです。
…本音を言うと、本気で心待ちにしているのは10月のハロウィンイベントなのですが。だって私リアルでも仮装大好きだもん。


はちまき大流行.png

夏祭り.png

リヴリー流夏祭りといえば、数年前まではグリンの丘で櫓の見物&はちまきゲット…な
イベントだったように思いますが、最近では帽子の配布はなく、櫓もトップに置かれるんですね。
そしていつもの神社が縁日仕様になると。

夏祭り2017トップ.png

夏祭り2017神社.png

いいですねこの感じ。祭囃子が聞こえてきそう。
提灯の柔らかい灯りが闇の中にぼーっと浮かんでいるのもとっても綺麗。
リアルでこういう光景をあまり目にしない分、癒されております。

今月もGLL入りを見送ったのでイベント広場のりんご飴やらなんやらは買えませんが、
一般パークの飾りつけを眺めているだけでも満足です。
かわいい袋入りの綿飴と打ち上げ花火(※手動)は、無課金でも楽しめるしね。

夏祭り2017サイミル2.png

「じ、重力が…すごい……」

高画質表示+一斉打ち上げのカクカクムーヴメントを我慢すれば、の話ではありますが。

夏祭りぬいぐるみ.png

屋台物色.png

せっかくなので、イベント仕様の神社で記念撮影。

「ねえメル見て、あのぬいぐるみとか超かわいくない??」
「ほんとだ、可愛い!でもちょっと高いね」
「なんでー?1000ddじゃん」
「いや、ゼロがもうひとつ…」
「え?………10000dd!?マジで言ってんの!?」
「タツヒさんのは20000ddか…これはちょっと、買えないかな」

美術館警備の仕事(しかも夜間)でなかなか街のイベントに出られないシャルクのため、浴衣姿で散策がてらおみやを物色…もとい吟味する女子コンビの図です。
浴衣姿と言いつつメルのボレロを取り忘れてますが、まあその辺はご愛敬。
はしゃぐだけはしゃいで、2人は袋入りの綿飴を買って帰りました。

おみや撮り直し.png

「「いつもお仕事お疲れ様♪」」

シャルクの部屋におみやと書置きを残せば、ミッションコンプリート。
あとに待っているのは道中のガールズトークの続きかな?

イベント期間中に気が向けば、ドロシィ&リュセのイケイケパリピカップルショットとか
メル&アンドレイのおデートショットとかも撮ってあげたいな…と思い立つぶいこでございました。


--------------------

ちょっと遡って14周年イベントの話。

14thロゴ.png

14thトップ・撮り直し.png

トップにいた管理リヴさんたちの衣装がファンタジーRPGっぽいなと思ったのですが、
今回のテーマはどうやら「冒険の旅」だったようですね。
騎士とか魔法使いとか宝箱とか、想像を掻き立てるモチーフであふれていたので
それらを全部組み込んだストーリーとかがあると面白かったのですが。
次号のリヴタイでそのことについて触れられないかちょびっと期待しています。

騎士と姫2.png

黒騎士衣装のレビル君と、騎士と姫っぽく2ショット。

そしてイベントに合わせて全員分のアニバーサリーハットが新調され、
メルの持っているのが念願の紺色になりました!

紺アニバ.png

4月に10歳になったところですが、長く生きたもんだなあ…としみじみ。
これからも大事にお世話していきます。


nice!(1)  コメント(0) 

星に願いを&シェアハウス組ゼリー会 [その他]


七夕2017.png

ちょっとばかり間が空いてしまいましたが、ファミリーともども元気でやっております。

七夕2017トップ.png

先月下旬から開催中の七夕イベント。
復帰記念もかねてトップの笹飾りの短冊に何か書いてみるか、と思い立つも
どうせなら七夕の日にした方が叶いそうだな…ということで今日までずるずると延ばしておりました。

そんな私の願い事はこちら。

願い事.png

ミュンヘンに降り立ってから、そこそこ自信のある英語+なけなしのドイツ語で
なんとか4ヶ月生活してきましたが、自分のもつ人見知りの根の深さを
改めて痛感する日々を送っております。
やっぱり受け身でいるのはよくないですね。旅行じゃないんだから。
相手が話を切り出すのを待ってるようではいかんです。
部屋に引きこもりがちだけど、イベントなんかは毎週どこかしらでやってるので
そういうところにもっと顔を出して、知り合いを増やすのがいいのかしら。
就活でのネタ作りのためにも、来年2月までの残り8ヶ月、頑張っていこうと思います。
むしろそのために来てるんだから、大成功・大失敗どっちでもいから何としてでも土産話を持って帰らねば。…どうせ経験するなら成功がいいというのが本音ではありますが。
神頼みみたいだけど、こうしてお願いしたことがちょっとでも心の支えになればと思ってこんな内容にしてみました。

それでも一番の心の支えは、やっぱりうちの子たちの存在です。

夏ゼリー.png

シェアハウス組全員集合!
天気のいい夏の休日、リビングのテーブルを庭に運び出して
女性陣(※主にメル)手作りのゼリーをみんなで食べてるイメージで。
緊張感が求められる仕事柄、ストレスを溜めがちなシャルクにとっては
いいリフレッシュになったはず。
いつもは同居人についツンツンした態度を取ってしまうデリックも、
甘くて冷たいゼリーの誘惑には勝てずに頬を緩ませています。
その他のメンツも、今日ばかりは嫌なことみんな忘れて一休み。
積み上がる宿題の山も、いじわるなライバルのことも、公演へのプレッシャーも
ひとまずはその辺に放っておいて、日差しのもとでおしゃべり。
日焼けと熱中症には気を付けてね。

ちなみに、スクショではひとつのゼリーを5人で囲んでるような感じですが
私の脳内では一人一カップずつ行き渡っていて、スプーンもちゃんと人数分あるのです。
ピッチャーはどうだろう…これは別に人数分なくてもいいかな。
二つぐらいあれば十分か。

調べてみたところ、この島は2014年七夕イベントでのログインボーナスで
配布されたものだったらしい。
よく見るとあんまり食欲そそりそうな色合いではないけど(笑)、こういう妄想もできるから
捨てずに持っててよかったな。

とまあ、近況はこんな感じでございます。
14周年イベントは来週からだったっけな?今年はどんな風になるのか今から楽しみです。

続きはTwitterに上げかけたけど結局没になったスクショなど


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -